レビュー・クチコミ

デトランスαはかゆい!?すぐに実践できる「かゆくなりにくい」対策

デトランスαのかゆい対策

この記事は、

  • デトランスα(アルファ)の使用感と感想
  • かゆみやかぶれが出にくい塗り方

について、書いています。

デトランスα(パースピレックス)は、デンマーク製の制汗剤です。

日本では発売されておらず、YOUUP(ユーアップ)という会社を通して、購入することができます。

私は人一倍汗っかきで悩んでいたのですが、デトランスαのおかげで汗問題からはいっきに解放されました。

汗ジミもできなくなるし、臭いのほぼゼロ!

ただし、デトランスαを使うと、かなりの確率でかゆくなるんですよね。

いそひよ
いそひよ
効果は満足なのに、残念ポイント

いろいろ試した結果、かゆくなりにくい方法を発見!

そこで、今回は、デトランスαのかゆくなりにくい使い方・塗り方についてまとめました。

いそひよ
いそひよ
サラサラの脇で今年の夏を乗り切りましょう!
この記事はこんな人にオススメ!
  • デトランスαでかゆくなる
  • デトランスαの正しい使い方を知りたい
  • デトランスαをお得に試したい
お得なお試しセットあります

デトランスα公式サイト

デトランスαは効果抜群だけど、かゆい!

汗っかきな私は、これまで市販されている制汗剤をいろいろ試してきました。

けれど、満足のいく商品にはなかなか出会えません。

いそひよ
いそひよ
臭いはある程度抑えられても、汗ジミはできちゃう

実は、デトランスαも半信半疑だったんですが、使ってみて本当に汗ジミができなくなりました。

真夏の猛暑日にも、塗った部分だけサラサラ♪

汗の悩みから解放されて、感動!
薄い色のシャツを着ても、安心!

けれど、ひとつ大きな問題が!

いそひよ
いそひよ
めちゃくちゃかゆくなるんです。

塗った瞬間に少しピリピリする感覚があって、乾くといったん止まります。

けれど、半日ほど時間がたったあたりから、とにかくかゆい

気づけばずっと脇をポリポリ…

いそひよ
いそひよ
外出中は苦行のようでした

デトランスαのかゆくならない使い方

かゆさは耐えがたいものの、汗はしっかり止まるので、
なんとかならないものか?
と試行錯誤しました。

そこで、私なりのかゆくなりにくい塗り方を見つけたので、ご紹介します。

  1. 寝る前に使う
  2. 水分をしっかりふきとる
  3. 塗った後よく乾かす
  4. 翌朝、濡れたタオルなどでふきとる

寝る前に使う

お風呂あがりの清潔な肌に使います。

もちろん、朝風呂派の方は、朝に塗ってもOK。

ただし、この後、ちゃんと乾かしたり、ふき取ったりする手順があります。

時間のない朝よりは、余裕のある夜に塗った方が、時間を有効活用できます。

塗る前に水分をふきとる

ここが重要ポイント!

お風呂上り直後なんかは、まだ肌の水分をしっかりふき取れてなかったりしますよね。

いそひよ
いそひよ
特に夏は、汗がひくまで時間がかかります

この、肌に水分が残った状態で塗ると、かなりの確率でピリピリした痛みを感じます。

これは、デトランスαの成分と水が、化学反応を起こしている状態なんだとか。

エアコンの部屋や、扇風機の前に陣取り、クールダウン!

汗がひくまで待ちましょう。

いそひよ
いそひよ
しっかり乾かして、塗りましょう

よく乾かす

塗ったら、しっかり乾かします。

バンザイをしたりして、できるだけ他の皮膚にふれないように注意。

夏は、扇風機の風をあてると乾きやすいです。

バンザイしてちょっとマヌケな姿ですが、短時間なのでガマンしましょう。

朝、濡れたタオルでふきとる

1番重要な工程が、ここ!

ふき取ること!

朝起きたら、濡らしたタオルなどで、塗った部分をふき取ります。

眠っている間に成分は浸透しているので、大丈夫。

朝シャワーを浴びる人は、ボディソープを使って洗い流すとなおよし。

このふき取りをするかしないかで、かゆみが出るかどうかが決まると言っても過言ではありません。

かゆみが出ないために気をつけること

塗り方以前に、以下に気を付けましょう。

肌が荒れている時は使わない

カミソリや脱毛クリームを使った後は、肌が敏感になっています。

そいう状態でデトランスαを塗ると、いつもより刺激を強く感じることが。

いそひよ
いそひよ
ちょっと肌が荒れているな、と感じる日は、避けた方がよさそう

つけすぎない

汗を抑えたい一心で、たっぷりつけたくなりますよね。

気持ちはわかります。

けれど、たくさんつけたからといって、効果が高まるというわけではありません。

経験から言って、たくさんつけすぎると、かゆみが出やすくなるような気がします。

最初は、少量から始めて、徐々に増やしていくといいです。

デトランスαは種類によってかゆさ度がちがう

デトランスαには、5種類あります。

強さの順に並べてみます↓

  1. メンズストロング(男性用強力版)
  2. メンズ(男性普通肌)
  3. ストロング(強力版)
  4. オリジナル(普通肌)
  5. コンフォート(敏感肌)

1番強力なのが、メンズストロング。
1番マイルドなのが、コンフォート。

強さとかゆみは比例します。

まずは、標準のオリジナル(普通肌)から試してみるのが◎
デトランスα普通肌用

かゆみの感じ方や効果の満足度によって、レベルアップもしくは、レベルダウンしてみましょう。

こちらはコンフォート(敏感肌用)
デトランスα敏感肌用

いそひよ
いそひよ
わたしの個人的な感想としては、コンフォートで充分満足できました
今だけ敏感肌用が1本もらえる

デトランスαをお試しする

それでもかゆい場合は、最終兵器・デオエース

お肌の弱い方は、対策をしてもかゆみが出ることがあります。

でもあきらめるなかれ!

そんな時は、デオエースを試してみてください。
デオエース
デオエースは、ポーランド製の制汗剤。

ポーランド人は敏感肌の人が多いということで、肌に優しく作られています。

デトランスαよりは、制汗効果は弱い(個人的な感想)ものの、かゆみは出にくいです。

私は、

  • 夏場はデトランスαのコンフォート
  • あまり汗をかかない季節は、デオエース

と、使い分けています。

使い方は、デトランスαと同じ。

清潔な乾いた肌に塗って、翌朝ふきとります。

デオエースは、デトランスαとちがって、濡れた肌に塗ってもピリピリしません。

今だけ!70%オフのお得なセット

デトランスαとデオエースを両方お試しする

デトランスαのかゆくならない使い方・まとめ

  • 乾いた肌に塗る
  • 翌朝しっかりふきとる
  • かゆみがおさまらない時は、デオエースを試してみる

デトランスα普通肌用と敏感肌用のお得な2本セットは、こちら

ミニサイズが1本おまけでついてくるデオエース単品は、こちら