レビュー・クチコミ

カプセルカッターボンヌでポタージュスープ作り たった5分でレトルトより美味しいスープの完成

レコルトボンヌでコーンスープ

この記事は、

  • recolteのカプセルカッターBONNE(ボンヌ)を使ったコーンスープのレシピ
  • recolteのカプセルカッターBONNE(ボンヌ)を使ってみた感想

について書いています。

レコルトから販売されているカプセルカッターBONNE(ボンヌ)は、1台7役もの機能を持つ多機能なフードプロセッサーです。

最初はオシャレな見た目に惹かれて購入しましたが、実際に使ってみると本当に便利!

特にコーンスープはたった5分で簡単にできるのに、みんなに褒められる鉄板レシピです。

ぴよ
ぴよ
パーティーはもちろん、ちょっと贅沢な朝食にもオススメ!

今回は、BONNEを使ったコーンスープの作り方とコツをまとめました。

レコルトのボンヌは、1台7役!

レコルトボンヌコーンスープ(パッケージ)

カプセルカッターBONNEは、レコルトが販売している多機能フードプロセッサーです。

普通の4枚刃ブレードを使えば

  • 刻む(みじん切り)
  • 混ぜる(ジェラート)
  • 練る(ペースト)
  • つぶす(ごま)
  • くだく(かき氷)

の5個の機能が。

さらに付属のプレートを使えば

  • おろす(大根おろし)
  • 泡立てる(生クリーム・メレンゲ)

もできちゃうんです。

ぴよ
ぴよ
トータルで1台7役の超多機能フードプロセッサー

オシャレな見た目からは想像できない『デキる』キッチンアイテム!

離乳食作りにも使えるので、出産祝いや結婚祝いにもオススメです。

色は3色展開で、私はシャンパンホワイトを選びました。
レコルトボンヌコーンスープ(シャンパンホワイト)

真っ白ではなく、グレージュです。

レッドと新色のブルーは、キッチンの差し色になりそうです。

\時短で楽しくクッキング/

レコルトボンヌのおろしプレートで、大根おろしを作ってみました

recolteカプセルカッター BONNEで大根おろし作ってみた
【口コミ】レコルトのカプセルカッター・ボンヌで大根おろしを作ってみたこの記事は、 recolte(レコルト)のカプセルカッター・BONNE(ボンヌ)で、大根おろしを作る際のコツ について書いています。...

ボンヌでコーンスープを作る!5ステップレシピ

レコルトボンヌコーンスープ(コーン缶)
材料(2人前)
  • 缶詰のコーン 150g
  • 牛乳 150ml
  • コンソメ 小さじ1/2
  • 塩 小さじ1/4
  • パセリ(乾燥物でもOK・お好みで) 少々

作り方は準備も含めて、たったの5ステップ!

ぴよ
ぴよ
トータル5分で、簡単に手作りスープが作れちゃいます

1.刃をセット

レコルトボンヌコーンスープ(刃を装着)
食材を入れる前に、必ず刃をセットします。

最初間違えて、材料を先に入れてしまいました。
レコルトボンヌコーンスープ(コーンと牛乳)

慌てて刃をねじこもうと試みましたが、材料が入っていると邪魔でうまくいきません。

いったん材料を別のボウルにうつして、刃をつけました。

2.材料を入れる

レコルトボンヌコーンスープ(材料投入)
コーンと牛乳を入れます。

もったいないので、汁も一緒に入れます。

冷製の場合は、この段階で調味料(コンソメ・塩)まで入れると、全体に撹拌されますよ。

3.スイッチON

レコルトボンヌコーンスープ(ボタン部分)
上部のボタンを押し続けます。

手を離すと止まります。

だいたい20~30秒で、撹拌終了!

大きなボタンなので、お子さんでも押しやすいのがポイント

音はけっして小さくはありませんが、標準的なフードプロセッサーの音量です。

家族が近くで寝ている時は、思いやりでやめておいた方がよさそう。

4.ザルでこす

レコルトボンヌコーンスープ(濾した後)
ザルで濾します。

濾さなくても充分おいしいですが、コーンの繊維のザラっとした食感が残ります。

食物繊維が取れそう

なめらかな舌触りが好きな人は、こした方が◎

冷製は、器に盛りつけて、パセリを飾って完成

温かいスープは、以下の手順へ続きます。

5.鍋で加熱

鍋にうつし、

  • コンソメ

を入れて、中火で加熱します。

ヘラなどでゆっくりかきまぜながら、熱を加えます。

ぴよ
ぴよ
沸騰しないように注意!

器に盛って、完成です。

お好みでパセリを散らすとおしゃれ!

こした残りの利用法

レコルトボンヌコーンスープ(濾した後)
4の手順で、こして出た残りのかたまり。

捨てるのはもったいないですよね。

食物繊維もたっぷり!

そのまま食べてもおいしいんですが(私はけっこうつまみ食いしちゃいます)、アレンジで別の一品に変身させることができます。

①ポテトサラダに混ぜる

マッシュしたじゃがいもに混ぜて、ポテトサラダ(の一部)に変身!

とうもろこし特有の甘味がプラスされて、

我が家はコーンスープを作った日は、高確率でポテトサラダです。

②コロッケに利用

コロッケを作る時の具として、再利用。

ポテトサラダと同様、じゃがいもでカサ増しします。

甘味が増しておいしいです。

③マッシュコーン

そのまま、コンソメや塩などで味付けをして、肉料理などの添え物にします。

マッシュポテトっぽいかんじで、明るいイエローは食卓の彩りにもなります。

ポテトよりも甘味が強いので、お子さんは喜びそうです。

ボンヌで手軽にポタージュスープを手作りしよう

お湯に溶かすレトルトもおいしいですが、やっぱり自分で作るスープは格別です。

今回は缶詰を使いましたが、旬の時期の生コーンを使うとさらに甘味が増しますよ。

慣れればたったの5分で簡単に作れ、食物繊維もたっぷり。

冷製にすれば、夏の食欲不振でも

とっても簡単なのにテーブルに並べると豪華に見えるので、記念日のメニューにも◎

アレンジをすれば、ジャガイモのポタージュやアボカドのスープも簡単にできちゃいます。

\結婚祝いや出産祝いにもオススメ/